ミリ秒までの現在時刻を取得する


ミリ秒まで欲しい場合はSYSTEMTIME 構造体を使います。


SYSTEMTIMEで取得した場合は 構造体なので加算などは自前で行う必要があります。
取得後に比較や演算処理が必要な場合はCTimeで現在時刻を取得したほうが楽です。
場合によって使い分けましょう。

Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す

Allowed Tags - You may use these HTML tags and attributes in your comment.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.