[Class] CArray


C 言語の配列に似ていますが、必要に応じて動的に配列の縮小や拡張ができます。
便利で結構使うので覚えておきましょう。

使い方は簡単です。

変数宣言時にはテンプレートで何の配列なのか宣言する必要があります。
宣言して作成したら
Addで要素追加。
GetCountで要素数取得
GetAtで指定要素取得。
簡単ですね。
ほんとは今回の例のように要素数が事前に分かっている場合はSetSizeでサイズを指定してから追加したほうが高速です。
自動でサイズ拡張してくれますが、できるだけ自動拡張しないですむようコーディングしたほうがよいです。
事前に要素数が不明という場合はCListを使ったほうがいいかもしれません。
状況により使い分けましょう。

Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す

Allowed Tags - You may use these HTML tags and attributes in your comment.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.